岐阜県糖尿病対策推進協議会

NEW「お知らせ」

11月14日は、世界糖尿病デーです。

平成28年度 世界糖尿病デー記念事業

テーマ
身近な病気『糖尿病』を
皆で一緒に考えよう!


他県の世界糖尿病デー記念事業は、
「世界糖尿病デー」HPをご覧ください。


■ブルーライトアップ事業

糖尿病週間にあわせ、各地で下記日程により、照明を国連カラーのブルーで、ライトアップします。
●岐阜城
 期間:平成28年11月11日(金)〜11月20日(日) 17:00〜22:00(自動点灯)
●JR岐阜駅北口駅前広場
 期間:平成28年11月11日(金)〜11月20日(日) 16:30〜夜明け
●大垣城
 期間:平成28年11月14日(月)〜11月20日(日) 18:30〜20:30
●美濃市「旧今井家住宅」
 期間:平成28年11月14日(月)〜11月20日(日) 17:00〜21:00(雨天中止)
●郡上八幡城
 期間:平成28年11月12日(土)〜 11月14日(月) 17:00〜夜明け
●多治見修道院
 期間:平成28年11月11日(金)〜11月13日(日) 17:00〜21:00
●多治見市役所駅北庁舎
 期間:平成28年11月14日(月)〜11月20日(日) 17:00〜22:00(自動点灯)
●飛騨・世界生活文化センター
 期間:平成28年11月13日(日)〜11月20日(日) 17:00〜21:00
※休館日(火曜日)を除く

■記念セミナー

県民の糖尿病に関する知識の普及と、糖尿病の発症・進展予防を促進するためのセミナーを、各地で開催します。

●糖尿病予防キャンペーン 西日本地区 in 岐阜 & 世界糖尿病デー10周年記念県民セミナー in GIFU
日時:平成28年11月13日(日)
    展示・相談コーナーなど 16:30〜18:00
    講演会 18:00〜20:00
場所:岐阜グランドホテル 2階「ロイヤルホール 雪・月の間」
   ※ヘルシー弁当(1500円)を希望の方は要予約
問合先:岐阜県糖尿病対策推進協議会事務局
    岐阜県医師会内(TEL 058-274-1111)
※セミナー会場にて、各種展示、あなたの食事をサッとジャッジ(岐阜市健康部)、血糖値測定、生活歯援プログラムー歯科健診(岐阜県歯科医師会)、相談コーナー(岐阜県医師会、岐阜県歯科医師会、岐阜県薬剤師会、岐阜県栄養士会)あり 16:30〜18:00

●世界糖尿病デー記念事業 生活習慣病予防教室(糖尿病編)
(1)日時:平成28年11月10日(木) 13:30〜15:00
   場所:各務原市総合福祉会館 3階「集会室」
(2)日時:平成28年11月11日(金) 13:30〜15:00
   場所:各務原市鵜沼福祉センター 1階「集会室」
問合先:各務原市健康管理課(TEL 058-383-1116)
※要予約

●かかみがはら DEウォーキング 2016
日時:平成28年11月27日(日) 10:00〜15:30
場所:河川環境楽園を発着地点とした川島地区を周回し、138タワーパークを散策
問合先:各務原市教育委員会事務局スポーツ課(TEL 058-383-1231/直通)
※申込み方法、チラシに添付の申込みハガキ(郵送料は市の負担)または各務原市WEBページからEメールで事務局へ申込み(参加費無料)

●大垣城ブルーライトアップ市民公開講演会2016
日時:平成28年11月16日(水) 17:00〜18:30
場所:大垣市総合福祉会館
問合先:大垣市医師会事務局(TEL 0584-89-5800)

●世界糖尿病デー記念セミナー in MINO
日時:平成28年11月14日(月) 18:30〜20:30
場所:美濃市立美濃病院 健診棟2階 みの健康ホール
問合先:美濃市立美濃病院事務局(TEL 0575-33-1221)
※要予約

●世界糖尿病デー記念セミナー in 郡上
日時:平成28年11月13日(日)15:00〜17:00
場所: 郡上市総合文化センター
問合先:堀谷医院(TEL 0575-65-6868)
※セミナー会場にて、各種展示、血糖値測定、相談コーナー(健康、薬、食事・栄養)、まちの保健室あり 14:00〜14:45

●世界糖尿病デー 記念セミナー in たじみ
日時:平成28年11月12日(土) 12:30〜15:30
場所:多治見市医師会館 2階大ホール
問合先:多治見市医師会事務局(TEL 0572-22-3051)
※セミナー会場にて、糖尿病予防のお食事会(先着50名・お弁当代700円を添えて多治見市医師会へ予約申込が必要)、特別講演会(先着100名・聴講無料・予約不要)

●世界糖尿病デー記念セミナー in 高山
日時:平成28年11月20日(日) 14:00〜15:00
場所:ひだホテルプラザ
問合先:高山赤十字病院 健康相談室(TEL 0577-32-1111)
※ヘルシー弁当の問合先は栄養課へ ルシー弁当希望の方は要予約

■700kcal健康食メニュー企画

ふだん食事療法をしている方、ご自分や家族の健康が気になる方もご利用できるよう、旅館・ホテルで健康食メニューを企画し、提供いたします。この機会に是非ご利用いただき、肥満対策、適正カロリー摂取の重要性など「食と健康」の理解と実践にお役立てください。
提供期間:平成28年11月1日〜11月30日(要予約)

●主催:岐阜長良川温泉旅館協同組合 Tel058-297-2122

ホテル・旅館名
(電話番号)
備考
1.岐阜グランドホテル
 (058-233-1111)
3,600円 (635kcal) 5,400円(685kcal) 場所:和食(吉祥)地下1F
※要予約(前日17時までに)
2.岐阜都ホテル
 (058-295-3100)
6,000円(595kcal) 6,000円(595kcal) 場所:コンチネンタルレストラン「フィレンツェ」1F
※要予約(5日前までに)
※昼夜共同じメニュー
3.十八楼
 (058-265-1551)
6,210円(700kcal) 6,210円(700kcal) ※10名様以上
※要予約(3日前までに)
※昼夜共同じメニュー
4.ホテルパーク
 (058-265-5211)
5,940円(700kcal) 5,940円(700kcal) ※4名様以上
※要予約(2日前までに)
※昼夜共同じメニュー
5.石金
 (058-231-8156)
5,400円(687kcal) 5,400円(687kcal) ※10名様以上
※要予約(2日前までに)
※昼夜共同じメニュー
6.きんか
 (058-262-2292)
- 10,800円(698kcal) ※2名様以上
※要予約
7.鵜匠の家すぎ山
 (058-231-0161)
5,400円(657kcal) 5,400円(657kcal) ※2名様以上
※要予約(前日までに)
※昼夜共同じメニュー

※下記メニュー:税込額/要予約
※カロリー数:小数点以下四捨五入

●主催/飛騨高山旅館ホテル協同組合
ホテルアソシア高山リゾート、ひだホテルプラザ、高山グリーンホテル、ベストウエスタンホテル高山


お知らせ
トレラーンGの少量分割販売のお知らせ(H28.9.8)

トレラーンGの少量分割販売(1本〜)につきましては、中北薬品(株)で取り扱いを行っておりますので、中北薬品(株)の各支店へ直接ご注文ください。

中北薬品(株)支店の連絡先と管轄市郡

岐阜支店
TEL 058-274-8511

岐阜市、各務原市、羽島郡、羽島市、瑞穂市、本巣市、本巣郡、山県市、関市、美濃市、郡上市、美濃加茂市
大垣支店
TEL 058-268-8431
大垣市、海津市、養老郡、不破郡、安八郡、揖斐郡
土岐支店
TEL 0572-55-7152
加茂郡、可児市、可児郡、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市
高山支店
TEL 0577-33-5133
高山市、大野郡、下呂市、飛騨市

岐阜県糖尿病対策推進協議会・岐阜県医師会作成
糖尿病予備群対策(75gOGTTの適応) 2016年8月18日 修正

  • 2013年4月1日から、国際標準化に伴い、HbA1cの表記は、NGSP値に統一されました。
    新しいHbA1c(NGSP)値が6.5%以上の場合は、糖尿病が強く疑われます。
    また、これまでのHbA1c(JDS)値と比べて、(NGSP)値はおよそ0.4%高くなりますので、値の解釈にご留意ください。

  • 糖尿病の管理目標値としてのHbA1c(NGSP)値は、従来の優・良・不十分・不良という評価から、患者さん一人ひとりの病態や状況に合わせ、目標値を、6%未満・7%未満・8%未満の三つに設定することとなりました。

  • 岐阜県版の予備群対策マニュアルも改訂いたしました。日本糖尿病対策推進会議編集の下記各種パンフレットとあわせ、ご活用ください。


 <糖尿病 診断と管理の指標に関するリーフレット> 





 <ご来院の方へのリーフレット> 

 <初めて糖尿病治療を受けられた方へのリーフレット>



 <検診受診者の方へのリーフレット> 



【参考】
東京都医師会生活習慣病対策委員会・東京都糖尿病対策推進会議 作成
パンフレット「糖尿病の判定に関する検査値の扱い方について」
(http://www.tokyo.med.or.jp/topics/detail.php?NI=NW00703)



岐阜県医師会、日本糖尿病学会岐阜県支部、日本糖尿病協会岐阜県支部、岐阜県、岐阜市、その他関係機関が連携して、岐阜県の糖尿病対策を推進し、特に、発症予防と治療の質の向上を図ることにより県民の健康増進に寄与するために設置されました。









糖尿病の患者数は、糖尿病の可能性を否定できない人を含めてこの5年間に250万人も増加し、1620万人といわれています。糖尿病は今や国民病と称しても過言ではない状況にありますが、自覚症状がないゆえに受診をしない、あるいは治療を中断する人が大勢います。
国民の健康づくりのためには、生活習慣病、とくに糖尿病対策について、積極的に取り組む必要があるとの認識から、日本医師会、日本糖尿病学会、日本糖尿病協会の三者は、平成17年2月に「糖尿病対策推進会議」を設立し、糖尿病対策のより一層の推進を図ることといたしました。
糖尿病は、発症予防、早期発見・治療、合併症の予防が重要です。糖尿病についての正しい医学的知識を身につけてください。














■日本の糖尿病患者数(厚生労働省)■
  1997年 2002年 2007年 2025年
糖尿病が強く疑われる人 690万人 740万人 1320万人 ↑↑
糖尿病の可能性を
否定できない人
680万人 880万人 890万人 ↑↑
合計 1,370万人 1,620万人 2,210万人 ↑↑↑

■糖尿病が増えた結果
  • 網膜症による中途失明が年間3,500人以上
  • 腎症による新規血液透析が年間13,000人以上
  • 足壊疽による切断は年間3,000人以上
  • 心筋梗塞や脳梗塞の発症も増加
■糖尿病になりやすい人に検査を勧めましょう
  • 境界型といわれたことがある人
  • 運動不足
  • 肥満(BMI 25 以上)
  • 高血圧(140/90mmHg 以上)
  • 40歳以上
  • 妊娠時糖尿病・巨大児出産の経験者
  • 血縁に糖尿病のいる人
■糖尿病発症予防のために
  • 腹八分目に食べて … 脂肪を控え、多様な食品を組み合わせてバランスよく
  • もっと歩いて ……… 1日20分以上歩きましょう。男性9,200歩、女性8,300歩を目標に
  • 肥満を減らそう …… 適正体重を維持しましょう
■糖尿病合併症を進行させない為に血糖・血圧・コレステロールの改善と禁煙をする
  • 血  糖 ……………… HbA 1Cは6.5%未満
  • 血  圧 ……………… 130/80mmHg未満
  • 総コレステロール …… 200mg/dl未満
  • LDL-コレステロール … 120mg/dl未満